秋こそ温かい飲み物で体を温めませんか?

外が暑くても、室内はしっかりと冷房で冷やされていた夏の季節が終わり、気温が下がって室内でも肌寒さを感じられる秋がやってきました。

この季節は油断すると朝晩の温度と昼間の温度の寒暖差で風邪をひきやすくなりますね。

夏の続きのまま冷たい飲み物を飲み続けていると、体の内部もどんどん体温が下がってしまいます。この季節こそ温かい飲み物を意識して摂るようにしましょう。体の内側を温めれば、血液の循環もよくなって風邪を引きにくい体になります。

秋に飲みたいおすすめの温かい飲み物とその効能をご紹介します

 

 

冷やした体のツケは、秋になってやってくる

今年の夏は特に暑く長かったですよね。夏の暑さをしのぐためには必要だったかもしれないことも、夏が終わった今頃になるとその反動が出てくるものです。

以下の事柄に当てはまるものはありませんか?

  • 24時間エアコンをつけっぱなしだった
  • のどごしの良い冷たい飲み物を多量に飲んでいた
  • 湯船に浸かることなく、シャワーで済ませてしまっていた
  • 夏場は暑かったので裸足で過ごしていたため、秋になっても足元を特に暖めていない
  • 暑さで食欲も落ち、ダイエットも兼ねて食事を簡単にしていた
  • 薄着で体型が目立つため、常にガードルやキツめの下着を着ていた
  • 暑すぎて外に出られず、運動不足になっていた

エアコンで体の表面が冷やされているにもかかわらず、外へ出ると暑いのでどうしても冷たいものを食べたり飲んだりした結果、胃腸が悪くなってしまいます。

また、湯船にしっかり浸かって1日の疲れを取らないために、血液の巡りが悪くなっている可能性もありますね。

さらに薄着でいる夏場は、どうしても体型が気になるからとダイエットをしていたり、暑さでしっかり食べられなかったりで食生活も手を抜きがちです。こうなると栄養のバランスが崩れて自律神経が乱れてしまうことも考えられますね。

またスタイルアップのためにガードルや補正下着を長時間つけていると、血行不良になることもあります。

ただでさえ体が冷えて血行が悪くなっているところに、夏場はさらに血流を滞らせてしまうような条件が重なるのですね。

 

 

おすすめの温かい飲み物

昼間にも温かい飲み物を意識して飲むようにするのはもちろんですが、人は温かい飲み物を飲むことによって胃腸が温められ、体温が一時的に上がります。

その後徐々に体温が元に戻っていくわけですが、この温度が下がっていくときに眠りに入って行きやすくなるのです。

1日の終わり、リラックスタイムにほっと一息つける飲み物を飲みましょう。これを習慣にしていくと、血流が悪く冷えていた体がだんだんと温まり、これから来る寒さにも負けない体になれますよ。

 

ホットミルク

温めた牛乳を寝る前に飲むのがおすすめです。

牛乳にはカルシウムが含まれていることで有名ですが、カルシウムにはリラックス効果があります。

また、牛乳の成分からは睡眠を促すホルモンである「メラトニン」が分泌されやすいので、寝る前に飲むことで安眠効果が期待できるのです。

 

カモミールティー

リラックス効果をもたらすハーブとして有名なカモミール。

カモミールティーには神経を鎮め、リラックスさせる効果があります。そのリラックス効果を利用して、寝る前にゆっくりと飲むことによって安眠効果も期待できるのです。

またカモミールには別名「マザーハーブ」と呼ばれる名前があり、女性にはとても優しいハーブです。特に生理痛、月経前症候群(PMS)、冷え性などを緩和し、美肌効果も期待できますよ。

味に癖はあるものの、一度慣れてしまえばとっても飲みやすいお茶です。
(※カモミールには子宮を収縮させてしまう作用があるため、妊娠中の方にはおすすめできません)

 

ルイボスティー

南アフリカでしか育たないと言われているルイボスティー。

ルイボスティーには体内に溜まった活性酸素を強力に除去できる効能があると言われています。シワやシミ、白髪などが気になる年代の方は飲み続けたいお茶ですね。

紅茶のような味わいで、クセのない飲みやすいお茶です。冷やして飲むもの美味しいですが、これからの季節はぜひ温めて飲んでください。ノンカフェインなので寝る前に飲むことができるのも嬉しいですね。

ルイボスティーには他にも便秘解消や、胃腸を整えたり、アトピーなどの皮膚のトラブルにも効果があると言われているので、飲み続けていきたいお茶の1つです。

 

柚子(ゆず)茶

韓国では古くから飲まれている柚子茶。最近では日本でも人気でスーパーなどで見かけることも多くなりましたね。今回は瓶詰めを買ってきてお湯で溶いていただきます。

ゆず茶には様々な効能があり、お肌にも心にも優しいお茶なのです。

  • 体内の水分を保持し、保湿効果のある「リモネン」を含んでいる
  • 柚子の皮の部分に含まれている「シトラール」の香りでストレス軽減
  • みかんの2~3倍、レモンの3~4倍の「ビタミンC」を含んでいる

これらを温めて飲むことによって血液の巡りが良くなり、豊富なビタミンCが体内の活性酸素を除去し、アンチエイジングのほかデトックス効果で便秘をよくする作用もあります。

ただし、市販の柚子茶には砂糖が含まれているものも多いので、飲み過ぎにはくれぐれも注意するようにしましょう。

 

黒豆茶

黒豆には大豆と同じようにイソフラボンが含まれていますが、特筆すべきは黒豆の皮の部分に含まれているアントシアニンの効果です。

アントシアニンは黒豆のみに含まれていて、その効用は以下の通りです。

  • 血液サラサラ効果
  • 美肌、肌荒れ防止効果
  • アンチエイジング効果
  • 眼精疲労改善

女性に嬉しい効果ばかりですね!味は香ばしく、すっきりとしていて何杯でも飲めそうです。

黒豆茶もノンカフェインなので胃腸にも優しく寝る前に飲んでも眠れなくなる心配はなさそうですよ。

 

 

温かい飲み物でリラックスタイムを!

日の暮れるのも早くなるこの時期は、夜が長くなりますね。

温かい飲み物を飲みながらゆっくりとリラックスすることによって、良質な睡眠をとることができ、明日へのパワーがチャージされます。

外の気温が日に日に下がってくるこの季節に、体の中から温めることを意識して飲むものや食べるものを選んでいきましょう。

この記事をかいた人

手には年齢が出やすいとは本当ですね。指の太さはこれ以上変えられなくても、肌表面だけはいつも潤わせておきたい。そう思い、化粧水を塗った後でハンドクリームを塗ることを習慣にしています。水仕事続きでも、ひび割れや手荒れ知らず。いい感じです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です