大人の塗り絵や美文字練習。 リフレッシュや脳の活性化におすすめアイテムをご紹介!

忙しい現代に生きる私たち。あれもしなくてはこれもしなくてはと毎日が慌ただしく過ぎていく人も多いと思います。一つ一つの物事をスムーズに進めるためには、頭の中をきちんと整頓することが必要です。

様々な考えが広がっている頭の中を一度リセットするために、効果的で今人気なものに「塗り絵」「なぞり書き」「ペン習字」などがあります。書店などで目にしたことがある方も多いかもしれませんね。

これらはなぜこんなにも人気なのでしょうか?その効果や実際に使用してみた感想とおすすめアイテムをご紹介します。

 

 

塗り絵、なぞり書き、美文字練習とは?

■塗り絵

大人の塗り絵に代表される塗り絵シリーズは今や色々な種類が出ています。風景や人物のイラスト、かなりデザインが凝っているものもあります。

真っ白な紙の上に描かれた模様を自分の好みの色で塗っていくのは時間も忘れてしまいます。

またどこにどの色を使おうかと考えていると、子供心が戻ってくるようでワクワクします。

 

■なぞり描き

なぞり書きは塗り絵より色を使わず、ペン一色だけを使って絵をなぞっていくものです。仏像なぞり描きなどが人気ですね。

塗り絵ほど時間がかからず、シンプルなので始めやすいのも特徴です。

仏像は見たことがあっても、詳細に描かれたイラストをなぞってみると、知らなかった仏像の細部を知ることができたり、どれも同じように見えていた仏像が様々な表情をしていることがわかったり、新たな発見があるものです。

 

■美文字練習

100円ショップでも美文字練習帳が発売されたり、書店で特設コーナーが組まれていたり、美文字のトレーニングはブームになっています。大人になると、字をなぞるということはなかなか無いものですよね。

また、スマホやパソコンの普及で年賀状も直筆で書いている人が少ないこのご時世、ペンや鉛筆を使って丁寧な文字を紙に書くのは新鮮に感じられます。せっかくなら筆ペンを使って美文字練習をすると、字が上手くなった気がして気分が良いものです。

百人一首の美文字練習は、忘れていた百人一首の句を思い出し、解説を読んで意味を再確認したり、声に出して音読をすることも気分転換には良いでしょう。

 

 

これらはどんな効果があるの?

実際に使用してみると、夢中になり時間を忘れて集中してしまいます。

普段は一つのことを考えながら次のことも気になったりしているのですが、焦りやイライラも忘れて「この一枚が終わるまで」とゴールが見える中で神経を集中させるのはとても楽しいものです。

また出来上がっていく過程も塗り絵なら色選びや配色、なぞり描きや文字練習なら全体像や文字のバランスを考えるのもそれぞれに楽しさがあります。

 

 

「脳トレ」のアプリも見逃せません

「脳トレ」と聞くと認知症や高齢者の方の脳を活性化するトレーニングのことを思い浮かべるかもしれません。

しかし、今やすべての世代において脳トレに取り組めるようなアイテムがたくさん登場しています。脳トレをすることによって、気分が変わって頭が活性化したり、それまでの作業に一区切りをつけられたり、一日のスタートが円滑になるのかもしれません。「トレーニング=訓練」としてではなく、楽しみながらゲームのように行うと良いでしょう。

脳トレを行う時間は、それまで考えていたことを一旦停止して、目の前のことだけに集中できるので、頭の中のスイッチの切り替えにも良さそうですよ。

 

 

実際にはどんな効果があるの

脳には視覚情報を分析したり、空間を認識したりする機能があります。これらは20歳ごろをピークに発達が止まると言われています。

その後は年齢とともに少しずつ脳は萎縮していくわけですが、それらを少しでもゆっくりとさせるために脳を働かせて活性化させる必要があります。

筋トレが筋肉に負荷をかけてトレーニングすることによって鍛えられるように、脳トレは脳に負荷をかけて脳を活性化していく効果があるそうです。

 

リフレッシュするならこんな脳トレがおすすめ!

■テトリス

ご存知テトリスです。落ちてくるブロックを並べるパズルです。

シンプルですが奥が深い。始めたらなかなかやめられなくなりそうですが、時間を決めて行うと集中力が付きそうです。

Yahoo!ゲーム

 

■クロスワードパズル

これは頭の体操でしょうか。知識も幅広く身につきそうですね。

すべてのワードが当てはまると、気持ちもすっきりします。

Android版iOS版

 

■脳トレアプリ

計算、じゃんけん、色判断、暗記、反射神経を鍛えるパズルなどなど。アプリの中にたくさんの小さなトレーニング項目が入っています。

全部でなくても時間のある時に少しずつ試してみてください。パッと気持ちが切り替わって意外とリフレッシュできるものですよ。

Android版iOS版

 

 

まとめ

塗り絵やなぞり描き、美文字練習などは紙とペンや鉛筆を使って書くことで、指先を使うトレーニングにもなりますね。出来上がった作品を眺めて癒されたり、達成感を味わえるのもこれらが人気な秘密の一つだと言えます。

また脳トレに代表されるアプリは、癒しというよりも気分転換として使うのが有効のようです。時間を決めてトレーニングすることで、その後の作業がはかどったり、効率が上がることが期待できそうです。

これらのアイテムを上手に使って、仕事の合間や1日の始まり、終わりに楽しくリフレッシュできると良いかもしれませんね。

この記事をかいた人

手には年齢が出やすいとは本当ですね。指の太さはこれ以上変えられなくても、肌表面だけはいつも潤わせておきたい。そう思い、化粧水を塗った後でハンドクリームを塗ることを習慣にしています。水仕事続きでも、ひび割れや手荒れ知らず。いい感じです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です