柔軟剤デビュー!使うのと使わないのではこんなに違った!

昔から洗剤のみで洗濯する派だった私。多少シワがあっても、洗い上がりがゴワゴワだとしても、それで良しとしてきました。また、極端に香りのついた洗濯物が苦手だったこともあり、洗濯は香りの強くない洗剤でと決めていました。

ところが偶然試供品でもらった柔軟剤にすっかりハマってしまい、この歳にして初めて柔軟剤デビューしました。聞いてみると周りには柔軟剤は絶対必要!と言う人が多いものですね。

お気に入りの香り探しから、柔軟剤の効果的な使い方、その洗い上がりの違いを比べてみました。

きっかけは試供品でもらった柔軟剤のサンプルから

この夏、気に入ってはいていたワイドパンツのシワがとっても気になり毎回アイロンをかけていました。購入したショップに行くと全く同じパンツをはいた店員さんの姿が。しかもその人のパンツはシワがほとんど目立ちません。

聞いてみると

柔軟剤を使って柔らか仕上げコースで洗濯をすれば、
アイロンがけはほとんど必要ないんですよ

とのこと。ここで初めて「柔軟剤を使ってみようか」と思い始めたのです。

折しも手元にはもらったばかりの試供品が。数種類の香りがセットになって6種類ほど入っており、捨てるのももったいないと思って使ってみました。柔軟剤というと香りがとても際立っているものが多く、洗濯物を柔らかくするというよりも、洗った洗濯物に香りをつけるイメージが多かったのです。

柔軟剤とはどんな効果があるのでしょう

私たちが着ている衣類やタオルなどには、その製造や加工の工程においてさまざまな化学的仕上げがされています。柔らかな着心地や肌触り、しなやかな風合いなどは繊維製品には欠かせないものですよね。

そのため新しい衣類やタオルなどは使い始めの頃は柔らかさを保っているのですが、度重なる洗濯や着用によって、最初に加工されていた柔軟剤が落ちてしまい、繊維も洗濯によって細くなっていくため次第に柔らかさが無くなってきます。

洗濯後のゴワゴワとした感じや、シワなどは時間が経つにつれて仕方のないものですが、なんとかこれを食い止めたいものです。このゴワゴワを極力少なくして、柔らかさを補うために使われるのが、家庭用の柔軟剤の役割。柔軟剤が繊維の表面に薄い油膜を張るような役割をし、柔らかさを保ってくれるのです。

効果的な使い方や洗い方

知っていると便利な使い方や洗い方をまとめてみました。柔軟剤を使うと良い点も多いですが、使い方を間違えてしまうと周りに迷惑をかける可能性もあることを知っておきましょう。

良い点
・消臭・防臭効果のあるものには、臭いを消すだけでなく、汗をかいても臭いが気にならないという効果もある
・抗菌効果の高い柔軟剤で仕上げると「菌を残さない」「菌を増やさない」効果が期待できる
・セーターやニットなど冬物製品には柔軟剤を使うことで静電気防止効果がある
・繊維が滑らかになるので、花粉などが付着しにくくなる
・強い香りが苦手な人には、無香料柔軟剤を使うのがおすすめ

注意する点
・必要以上に柔軟剤を使いすぎると吸水性が落ちてしまうので注意
・適量以上に使うと香りがキツくなりすぎるので、適量を守って使用する
・柔軟剤と洗剤は混ぜると効果がなくなるので同時に使用しない(洗濯機で設定を行うか電源を止めて後から入れる)

香り選びはお好みで

各メーカーから販売されている柔軟剤を見てみると、フローラル系の香りが多いように思えました。強い香りが苦手な人や、香水など自分の香りを楽しみたい人、あまり柔軟剤を使い慣れていない人は、赤ちゃんにも使える穏やかな香りのものや、無香料を選ぶと良いでしょう。

実際に柔軟剤の有無で洗濯して比べてみました

左が柔軟剤を使わずに普通に洗った場合。右が柔軟剤を使って柔らか仕上げコースで洗った場合。どちらもアイロンがけはしていないのですが、右側の柔軟剤使用後の方がシワが少ないのがわかります。

大きく変わったのは手触りの違い。実際に触ってみても柔軟剤使用後のパンツはゴワゴワ感がほとんど感じられません。着ていてもシワが目立ちにくくなったのも嬉しかったです。

洗い方次第で衣類のもちも見た目も変わる

洗濯は汚れを落とせばいいのだと考えていましたが、柔軟剤を使い始めると洗い上がりや肌触りも気になるようになりました。タオルは肌触りが良い方が気持ちがいいし、息子の運動着などはしっかり消臭除菌もしてほしい。自分の着るお洒落着はシワなく着ていたい。

そんなさまざまなニーズに応えてくれるために、柔軟剤がその役目を持っていることも知りました。洗い方をきちんと守り、適量を使用すれば、柔軟剤の香りがほんのりと残る仕上がりになります。

これから冬になり衣類を重ね着することで繊維同士がこすれて静電気が起こりやすくなります。衣類の表面をなめらかにして、静電気がたまりにくくするのも柔軟剤の役割のひとつです。

あのビリっとくる感触、嫌ですよね。苦手な人は積極的に柔軟剤を使ってみてはいかがでしょうか。

沢山の柔軟剤が販売されているということは、それだけ使う人がいてニーズがあるということ。柔軟剤の良さを体感するために、まだ使ったことのない方は、洗濯に柔軟剤を使ってみることをおすすめします。

 

 

 

 

この記事をかいた人

年末が近づき、気持ちだけが焦る毎日ですが、そんな時はいつもより長く犬の散歩に出かけるようにしています。犬とともに歩いていると、頭の中が整理され、考えがまとまらなかったことも意外とスッキリ解決できることも。冷たい空気の中を深呼吸しながら歩くことで、体の中に新鮮な空気を取り入れることもできて、帰宅後は体がポカポカです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年末が近づき、気持ちだけが焦る毎日ですが、そんな時はいつもより長く犬の散歩に出かけるようにしています。犬とともに歩いていると、頭の中が整理され、考えがまとまらなかったことも意外とスッキリ解決できることも。冷たい空気の中を深呼吸しながら歩くことで、体の中に新鮮な空気を取り入れることもできて、帰宅後は体がポカポカです。