どうしてしていますか?冬の衣服のお手入れ方法。

通気性がよく汗をかいたらすぐに洗える素材を着ていた夏が過ぎ、季節は冬へ。気軽に洗える綿素材が多かった夏の服と違って、冬服はお手入れに気を遣いますね。衣替えで久しぶりに出してきたセーターに毛玉が大量発生していたり、久しぶりにきちんとしたスーツを着るときに限って、ホコリが目立っていたり。冬場は乾燥による静電気なども加わって、着るものに気を使います。

そんな冬場に着る服のために、着る前に準備しておきたいこと、着た後のお手入れとしてしておきたいことなどをまとめてみました。

お手入れその1: 毛玉とり

昨年の冬も着ていたお気に入りのセーターが、そろそろ着れる季節がやってきた!とクローゼットから出してみたら、毛玉がたくさん!冬場のセーターなどは、夏場に比べて1枚の値段もそれなりにするもの。

でも、どんなに良い服を着ていたとしても毛羽立ちや毛玉が付いていると、そのセーターの価値も下がった気分になり、着ていて恥ずかしい思いをした経験はありませんか?そんなことがないように、特に冬物は、お手入れしながら長く大切に着たいですよね。

そこでまず第1ステップとして、セーターについた毛玉を取りましょう。これまで手でつまんで取っていましたが、それは繊維を痛めると聞き、今年は新たにアイテムを追加してみました。

それがこちら(テスコム 毛玉クリーナー)↓↓↓↓

充電式でコードレスタイプ。口コミでも話題になっていた毛玉とりです。早速使ってみました。

毛玉が見えるでしょうか?グレーのセーターのワキの下や肘のあたりにたくさん毛玉ができていました。これを毛玉とりで取っていこうと思います。

セーターにそっと当てるようにして毛玉クリーナーを動かしていきます。ダイアルは「低・中・高」の3段階。初めて毛玉クリーナーを使う場合は、長く着ている服で試してみる事をお勧めします。

ほんの数分んでこんなに毛玉が取れました(写真はグレーとベージュのセーター2枚分)

丁寧にスチームアイロンをかけたら完成です。ポツポツとあった毛玉が無くなり、すっきり見違えるようになりました。毛玉クリーナーは冬服の必需品になりそうです。

お手入れその2: スチームアイロン

何をかくそう、家事の中でアイロンがけが一番好きな私です。冬場は特にアイロンが必要な素材が多く、そんな服が溜まってくる頃を見計らって、一気にアイロンがけをしています。

最近、スチームアイロンはシワ伸ばしだけではなく、洗えない衣服のにおい対策にも有効なことに気づきました。日本人は海外の人に比べて、頻繁に衣類を洗う習慣があると言われていますが、実は生地が一番痛む原因はクリーニングや洗濯だそうです。洗濯をする代わりに、スチームアイロンを衣類に当てるだけで、匂いが気にならなくなります。数回着ただけでクリーニングに出していたニットも、季節の終わりにクリーニングに出せば良いようになりました。

また、最近ではコートやジャケットなどをハンガーにかけたままアイロンがかけられる衣類スチーマーも人気ですよね。衣類スチーマーは高温で大量のスチームを瞬間的に噴射するために、簡単にシワを伸ばすことができます。このスチームによってシワを伸ばすだけではなく、汗やほこり汚れ、生活空間で付着するさまざまなニオイの除菌・消臭効果も期待できるものが多く揃っているのです。

スチームアイロンをかけたり、衣類スチーマーを使えば、衣類のシワとりと除菌・消臭が同時にできるので、消臭スプレーなどを使う必要もなくなりますね。

お手入れその3: 洋服ブラシ

毛羽立ちや毛玉防止に役立つのが洋服ブラシ。洋服ブラシには

ウールコートなどの固い生地用には黒豚毛ブラシ
柔らかい素材のニットなどに使うには馬毛のブラシ

などがあると便利です。実際何本も買い揃えるのは難しいため、1本でブラシの両面に2つの毛が備わっている2wayブラシを選ぶと便利でおすすめです。

洋服ブラシはほとんどの場合、着用後に使用します。上→下に向かってブラッシングすると毛玉を予防してくれたり、ニット表面がなめらかになります。ブラッシングをしているか、していないかでは、セーターやコートなどの見た目も大きく違ってきます。着た後にブラッシングをかける習慣を身に付けておくと、次に使うときに気持ちよく着れそうですね。

お手入れその4: コロコロ

冬場は、暗めの色を着ているとほこりやニットの毛の付着が目立ちやすいものです。特に猫がいる我が家は、濃い色の服を着た時は、猫の抜け毛も気にしなければならず、コロコロ(カーペットクリーナー)が手放せません。

外出用には携帯用の小さなコロコロをバッグの中に入れていますが、家の中では大きめのコロコロでほこりやペットの毛を一気に取っています。

衣服用に使う場合、コロコロの粘着力が強いとコートの生地が毛羽立ちやすくなります。気になる方は洋服専用のカーペットクリーナーを使うと良いでしょう。

冬のお出かけが楽しくなるように、服のメンテナンスは必要!

夏より気を使う冬の服のお手入れ方法をご紹介してきました。今回初めて使ってみた毛玉クリーナーは、本当に買ってよかったと思えたものです。どんなに気に入っていたセーターでも、毛玉ができただけで着る機会が少なくなったこともありました。自宅で気軽に毛玉が取れて、すっきり見違えるようになるなら、良いものを買って長く着続けることも有りかも。と思ってしまいました。

そして、アイロンをかけたり、消臭をしたり、毛玉やホコリを取り除いたり。着ている服に一手間かけることで、次に着るときにも気持ち良く袖を通すことができます。冬場の服のメンテナンス、ぜひお試しください!

 

 

この記事をかいた人

あんなにマスクが苦手だったのが嘘のように、今では外出時に家を出る時から帰宅までマスクをしているのが当たり前になりました。選ぶマスクの種類によって1日が快適でいられるかどうかも変わってくるので、マスクに対するこだわりも以前よりずっと強くなりました。今は洗えるコットン素材が一番のお気に入りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あんなにマスクが苦手だったのが嘘のように、今では外出時に家を出る時から帰宅までマスクをしているのが当たり前になりました。選ぶマスクの種類によって1日が快適でいられるかどうかも変わってくるので、マスクに対するこだわりも以前よりずっと強くなりました。今は洗えるコットン素材が一番のお気に入りです。