マスクが日常の生活の中で。本当に使いやすいマスクとはどんなものなのでしょう。

新型コロナウイルスが猛威を振るった数ヶ月が過ぎ、全国に出されていた緊急事態宣言も解除の方向に向かってきています。コロナ後の生活をする上で、考えなければならないスタイルが厚生労働省から発表されました「新しい生活様式」。その中でも 咳エチケット を徹底するために、これからの生活の中でもマスクが欠かせなくなっています。

マスクも長時間使用が当たり前になりました。これから気温も上がってくる季節なのに、外出中もずっとつけたまま、仕事中も必ず着用という方も多いことでしょう。出来れば少しでも快適にマスクをつけた生活を過ごしたい。そこで、長時間着用に耐えられるマスクを考えるために、私がこれまで着用してみて良かったマスクを数種類を比較してみようと思います。

マスクの種類

マスクには以下の種類があり、普段私たちが生活で使用しているのは家庭用マスクがほとんどですね。一時期マスク不足のため、ネットで高値で取引されている事態もありましたが、現在ではまたドラッグストアやスーパーなどで少しずつ手に入るようになってきています。

家庭用マスク

風邪や花粉症対策として、薬局やスーパーなどで発売されているマスクです。保温や保湿目的でも日常的に使用されます。素材や形、サイズなどのバリエーションが豊富にあり、近年ではフィルターの性能や通気性に優れたものも数多く出ています。耳にかけるゴムやヒモの部分が柔らかい素材でできていたり、眼鏡が曇らないタイプもあって、長時間快適に使用できる工夫が見られるものもあります。

医療用マスク

医療用に使用されている感染防止用のマスクです。主に病院で使用され、「外科手術の」という意味から「サージカルマスク」とも呼ばれます。医者の口から出る唾液や雑菌が患者の手術箇所に付着することを防ぐ目的があります。逆に、重症の感染症患者から医療関係者を守るための高性能フィルターを使用したマスクもあります。

産業用マスク

工事現場などでの作業時に、防塵用として使用されるマスクです。「工事用マスク」、または「防塵マスク」とも呼ばれます。粉塵の量や種類によって、顔面すべてを覆うものや、口や鼻だけを覆うものなどに分かれます。中国で「PM2.5」という微小粒子状物質による大気汚染が問題になったときは、「N95マスク」と呼ばれる高性能マスクの着用が効果的だと言われました。

参照:日本衛生材料工業連合会

家庭用マスクは2種類に分けられている

「家庭用マスク」は、マスクの性能を大きく左右するフィルター部分の素材により、「ガーゼタイプ」と「不織布タイプ」の2種類に分けられています。

ガーゼタイプは、家庭用マスクとして古くから使われている素材で保湿効果の面でも優れています。「アベノマスク」などと呼ばれる、国から配られたマスクもこのガーゼタイプのものですよね。主に綿織物を重ね合わせたマスクで、最近では中に特殊なフィルターを縫い込んで花粉などの通過を防ぐものも増えています。洗って繰り返し使えるものが中心です。

一方、医療用マスクの素材として一般的だった不織布は、近年の花粉症流行により急激に普及しました。現在は、家庭用マスク総生産数の9割以上を占めていると言われています。複数の原料を組み合わせることで、厚みやマスクと顔の隙間を自由に調整できるのが特徴です。値段が安く、使い切りを前提にしたものが中心です。

 マスク着用時の耳の痛みの原因は?

マスク着用時の耳の痛みで困っている方も多いのではないでしょうか。私は合わないマスクをするとすぐ耳が痛くなり、頭痛を引き起こします。なので、マスク選びの基準は何よりもゴムの幅にあると言っても過言ではありません。そんなマスク着用時の耳が痛くなる原因をあげてみました。

○マスクのゴムが細い

ゴムが細いマスクは耳への負荷が1カ所に集中するため、耳に食い込んで痛みが出やすくなります。痛みが気になる場合は、耳にかかるゴムの幅が広いタイプのマスクを選ぶといいでしょう。耳に当たる部分が広くなることでゴムの引っ張る力が分散され、肌への食い込みが軽減されます。

○マスクのサイズが小さい

自分に合ったサイズのマスクを選ぶことも大切です。顔に対して小さなサイズのマスクを選んでしまうと、つけている間ずっと耳がゴムに引っぱられることになり、痛みが出やすくなります。

○メガネとの併用のため

マスクとメガネの併用も、耳への負担が大きく耳が痛くなりやすいものです。痛みを我慢していると悪化してしまうこともあるため、放置せず、早めに対応して耳が痛くなるのを防ぎましょう。

実際に使ってみたマスクあれこれ

マスクの種類 素材 ゴムの幅 使用感
不織布 ソフトゴム プリーツ加工とノーズワイヤーで息苦しさはなし
不織布 幅広ゴム 幅広の平ゴムが耳の痛みを大幅に軽減してくれる。長時間使用向き
不織布 耳が痛くなりにくい伸縮性の不織布イヤーループ 伸縮性のイヤーループがその人の顔の幅に合わせてくれて、耳の痛さも軽減
ガーゼ ソフトゴム ガーゼの通気性の良さはこれからの季節大切
布またはガーゼなど 長さが調整できるなどあり 自分仕様にカスタマイズできるのも嬉しい

 

自分に合うマスクを選んで日常を快適に過ごしましょう!

ただいま健康館ではマスクの販売をおこなっております。耳の痛くならないソフトな平ゴム使用、飛沫防止はもちろん、優れた通気性を確保しながらウイルス、花粉・PM2.5などの侵入を防いでくれます。
高密度で通気性バツグンの「三層構造立体不織布マスク」の販売はこちら

耳が痛くならず、自分の好みに合うマスクをつけてみたら、隙間なく顔にフィットするかどうか確認しましょう。鼻やあごが出ていると、十分にマスクの役割が果たされません。プリーツを広げた時に、鼻からあごまでをしっかりと覆うようにつけましょう。鼻や口を圧迫せず、呼吸がしやすいかどうかもしっかりチェックを。特にこれからの季節は熱がこもらないようにすることも大切です。マスクを着けたまま過ごす時間は増えますが、それが新しい生活様式ということならば、少しでも快適にマスク生活を送りたいものですね。

 

 

この記事をかいた人

これまで経験したことのない雨量、災害、台風など、どんどん記録が更新されていく昨今の自然環境です。レジ袋が有料化され、マイバッグを持つことが当たり前になると、それまでレジ袋を使っていた日々が遠いことのように思えます。出来ることからコツコツと、地球を守るためにしていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

これまで経験したことのない雨量、災害、台風など、どんどん記録が更新されていく昨今の自然環境です。レジ袋が有料化され、マイバッグを持つことが当たり前になると、それまでレジ袋を使っていた日々が遠いことのように思えます。出来ることからコツコツと、地球を守るためにしていきたいものですね。