年末年始に向けて。お部屋のフィルター関係の大掃除を!

部屋の中の大掃除も大詰めのこの時期ですが、これまで手をつけようと思いつつ、キッチンや洗面所、トイレなどの掃除に追われて結局後回しになっていた部分があります。それがフィルターの掃除。フィルターと一口に言っても、エアコンのフィルター、トイレのフィルター、浴室乾燥機のフィルター、洗面所のフィルターなど。24時間換気のためのフィルターもあります。これらを一気にまとめて終わらせてしまおうと思い立ちました。フィルターを掃除すれば、それだけ部屋の空気もきれいになるということ。フィルター掃除のメリットをご紹介します。

エアコンフィルターの掃除

フィルターと言ってまず思い浮かぶのがエアコン。始めてしまえば手順に沿っていくだけなのに、始めるまでがなかなか重い腰が上がりません。夏は冷房で、冬は暖房で年中フル稼働のエアコンですが、フィルター掃除を怠るとどうなるのでしょうか?

①電気代がかかる

エアコンは室内の空気を吸い込み、内部で冷やしたり、温めたりした空気を吐き出す仕組みになっています。吸い込み口にあるフィルターは、空気中のホコリやゴミをキャッチする役割。使い続けることで、フィルター部分に汚れが詰まり、効率的に空気を循環させることができなくなります。その結果、エアコンの効きが悪くなり、効きが悪いからと設定温度を上げたり風量を上げたりする結果、多くの空気を吸い込もうと余計な電力を消費するようになってしまうのです。

また、フィルター掃除を怠ると、暖房効率が1年間で25%ダウンするとか。自動お掃除機能がついていないエアコンの場合は、こまめなフィルター掃除を欠かさないようにしたいものです。

②健康を害する恐れが

冷房使用時の場合ですが、エアコン内部が結露するため、水分と汚れが合わさって、臭いやカビが発生しやすくなります。さらにフィルターに詰まった汚れが湿ることで湿度も保たれるため、カビ菌の繁殖条件である「温度」「湿度」「栄養(汚れ)」がそろってしまうのです。

「カビ菌が繁殖する=エアコンからカビの胞子が吐き出される」ということになり、カビの胞子を吸い込むと、アレルギーや肺炎を引き起こす可能性があります。夏も冬も定期的にフィルターを掃除しなければいけないことがよくわかります。

エアコンの掃除と聞くと手間がかかる作業を思い浮かべるかもしれませんが、フィルターは掃除機と水洗いだけで手軽にきれいになります。

フィルター掃除で準備するもの

・掃除機
・使い古しの歯ブラシ
・タオル
・マスク(ホコリを吸い込まないように)

エアコンのフィルターだけなら私たちにも掃除が可能ですが、ほとんど掃除をしたことのないエアコンのパネルを開けてみたら、奥まで黒カビがびっしり生えていた!なんてこともあるかもしれません。そんな時は、エアコン稼動シーズンが始まる前に、エアコンクリーニングのプロに洗浄をお願いしましょう。

浴室乾燥機のフィルター掃除

メーカにもよりますが、自宅で行える浴室乾燥機の掃除は、「外側カバー」「ファン(ルーバー部分)」「フィルター」の3つです。

浴室乾燥機を掃除をする頻度

浴室で洗濯物を乾燥させたり、浴室の換気をしたりと、浴室乾燥機はエアコンと同様日々フル稼働しています。これらにほこりがたまり、フィルターの目つまりが起こると運転の効率が下がります。外側は月に1回、フィルターの掃除は数ヶ月から半年に1回程度は掃除を行う事で、電気代の節約にもつながります。ほこりやカビを放置していると、故障の原因にもなりますので、長持ちさせるためにも定期的な掃除を心がけましょう。

トイレや洗面所の換気扇のフィルターの掃除

トイレでふと上を見上げると、目に入ってくる換気扇の汚れ。普段の掃除では、そこまで手が回らないという人も多いと思います。でも、換気扇が汚れていると、トイレ特有の嫌な臭いがこもる原因になってしまうので、注意が必要です。

トイレの換気扇を掃除しないままでいると、ホコリがたまって空気の吸い込みが悪くなり、トイレのなかに臭いや湿気がこもる原因になります。また、換気扇の回転が妨げられて故障の原因になることも…。
トイレのなかはホコリがないように見えても、トイレカバーやマット、トイレットペーパーなどから出たホコリが舞い上がっているので、換気扇はどんどん汚れていきます。快適な空間にするために、換気扇を定期的に掃除してあげましょう。少し汚れてるかも…と思ったときが掃除のチャンスですよ。

用意するもの
必須
掃除機(ハンディタイプだと◎)
ウェットティッシュ
歯ブラシ
あると便利
脚立
マスク
新聞紙
トイレの換気扇につく汚れはただのホコリなので、取り除くのはむずかしくありません。ホコリを吸い出す「掃除機」と、こびりついたホコリをかき出すための「歯ブラシ」や「ウェットティッシュ」があれば十分です。
換気扇が高い位置にある場合には、「脚立」などがあると便利です。

まずは換気扇のカバーの外し方から確認しておきましょう。安全のためにも換気扇のスイッチを切り、止まったのを確認してから始めてくださいね。
トイレの換気扇の外し方はシンプルで「手前に引っ張る」タイプがほとんど。どこにもネジなどがなくて「あれ…?」と思うかもしれませんが、カバーのフチを指先で持って手前に引っ張ってみてください。

2本の針金のようなもので固定されているだけなので、簡単に取れるはずですよ。

トイレの換気扇をパパッと掃除するには?

トイレの換気扇カバーを外したら、次の手順でパパッとキレイにしましょう。
– 掃除手順 –
① 取り外した部品のホコリを吸う
お風呂の換気扇掃除
換気扇のカバーの裏側や換気扇内部についた大きなホコリを掃除機で吸い取る。こびりついた汚れは歯ブラシでかき出す。
② カバーや換気扇内を拭く
お風呂の換気扇掃除
掃除機や歯ブラシでは落ちない細かい汚れをウェットティッシュでキレイにする。『トイレクイックル』でもOK。
③ 外した部品を元に戻す
お風呂の換気扇掃除
取り外した部品は乾燥させるか、乾拭きしてから元に戻して完了。
換気扇の内部は目につくところのホコリが取れれば十分。吸いこむ力も戻るので、トイレの空気もキレイになりますね。
これくらいの掃除なら10分もあれば終わるので、思い立ったらすぐに掃除するのが一番です。

 

 

 

この記事をかいた人

2020年もスタートしました。年末年始、家族と一緒に食べた料理の数々を思い出すたびに、それらのカロリーを消費するためには、一体どのくらい運動をしなければならないのかと恐ろしくなってしまいます。でも美味しいものは食べたい!ということで、今年も積極的に身体を動かすことを目標にしたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2020年もスタートしました。年末年始、家族と一緒に食べた料理の数々を思い出すたびに、それらのカロリーを消費するためには、一体どのくらい運動をしなければならないのかと恐ろしくなってしまいます。でも美味しいものは食べたい!ということで、今年も積極的に身体を動かすことを目標にしたいと思っています。