上手に洗濯してクリーニング代を浮かしたい!〜おしゃれ着洗剤体験記〜

先日冬物を大量に持ってクリーニング店を訪れた時のこと。「手洗いマークのあるものなら、おうちで洗濯した方がお得ですよ。洗い方さえ間違わなければ、大きく縮んだり型崩れすることもありませんから。」と言われました。じゃぶじゃぶ洗えるもの以外は全てドライクリーニングに出していた私。でも実はセーターやカーディガンなど、これまでならドライクリーニングに出していた衣類でも、家の洗濯機で洗えるんですね。

これまでずっと洗濯は「洗濯洗剤のみ」で洗う派だった私。昨年ようやく柔軟剤の良さに気づき、それ以来使い続けています。その時の記事がこちら→柔軟剤デビュー!使うのと使わないのではこんなに違った!

今回は柔軟剤よりさらに難易度の高い、おしゃれ着洗いに挑戦してみました。手洗いマークの付いている衣類を、家庭の洗濯機で洗う方法をご紹介します。

洗濯マークをもう一度おさらい

上の写真の一番左側のマーク「手洗い」と描かれているマークが見えますね。これがあれば家で洗うことが可能というマークです。ただし洗濯機で普通に洗ってしまうのではなく、洗濯機の中でも「ドライコース」などを選択、または手で押し洗いなどをして干す方法が使われます。

こちらのサイトに洗濯表示マークについてとても詳しく説明されていました→Panasonicより

今回は手洗いが可能な製品を、洗濯機のドライコースで洗う場合で試してみたいと思います。

ドライクリーニングに出さなくても洗えるのがおしゃれ着用洗剤

ドライクリーニングとは水を使わないクリーニングのことで、有機溶剤を使う洗濯方法のことを言います。これらの溶剤は水ではほとんど溶けない性質の汚れを、溶かして取り去るクリーニング方法です。水洗いすることで縮んだり、型崩れしたり、色が落ちたりするような、ウールやシルクなどといった衣類へのダメージを抑えた洗浄方法です。家で洗えないものは、ほとんどこのドライクリーニングで洗濯するのが一般的でした。

しかし、おしゃれ着用洗剤の登場により、それまでクリーニングに出すしかなかった衣類も家で洗うことが可能になったのです。衣類の中でも、手洗いまたはおしゃれ着用洗剤で洗うなら洗濯可能、という製品も増えてきましたね。

今回使用したのは、おしゃれ着洗いでお馴染みの「エマール」です。私にとっては初めてのおしゃれ着洗い用洗剤。選んだ理由は、メーカーごとに香りが何種類か出ていますが、全て香りを嗅いだ時に、一番優しい匂いだったからです。

洗えるものの表示もわかりやすいですね。洗えますのマークのうち、左から
<旧表示>
■液温は30℃を限度とし、洗濯機で弱にして洗えます
■液温は30℃を限度とし、手洗いができる
<新表示>
■液温は40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い処理が出来る
■液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い処理が出来る
■液温は40℃を限度とし、手洗いができる

となります。左2つの従来のマークより、現在使われているマークの方が洗濯の種類が多くなり、細かな指定ができるようになっているそうです。

おしゃれ着洗剤と普通の洗剤の違い

一般的に私たちが普段使いしている洗剤は「液体洗剤」がほとんどです。液体洗剤には大きく分けて2種類あり「液性の種類」と「蛍光増白剤の有無」に分かれます。

液性は「弱アルカリ性」と「中性」の2つに分けられます。弱アルカリ性は中性よりも洗浄力が高いのが特徴です。普段使いの洗剤としてはもちろん、食べもののシミが付いた衣類などに直接洗剤をつけて洗う前処理にも使えるようになっています。

中性洗剤は弱アルカリ性に比べると洗浄力は落ちますが、衣類を傷めにくいのが特徴です。特に目立った汚れがない場合は中性洗剤で十分です。液体洗剤には蛍光剤が入っているモノとそうでない洗剤があります。蛍光増白剤とは、見た目の白さを増す効果があるため、白いワイシャツなど白さを保ちたい衣類の洗濯に使われています。

これらの普通の洗剤に対して、おしゃれ着用洗剤は「衣類にやさしい」のが特徴です。中性洗剤に分類されるので、普段使いの液体洗剤や粉洗剤と比べると、デリケートな衣類を洗う際も縮みにくいように「シリコン」などが含まれている点に違いがあります。

おしゃれ着用洗剤ならば、どんな衣類も縮まないという訳ではありません。手洗い禁止マークの付いている服は、クリーニングに出すことが大前提です。洗う際には洗濯表示をしっかり確認しましょう。

おしゃれ着洗い用洗剤を使うメリットとは?

おしゃれ着用洗剤は普通の洗濯洗剤と比べて、洗濯時の生地に対するダメージが少ないことが一番の違いです。おしゃれ着用洗剤は、繰り返し洗濯をしても、洋服がヨレにくく色褪せしにくいうえに、縮みも防いでくれる効果があります。

これは、色褪せ防止や、生地の繊維をなめらかにするトリートメント成分が配合されているためで、おしゃれ着洗い用洗剤を使うことによっていつまでも新品のような状態を保ってくれるのです。

セーターを実際に洗ってみました

気に入って長く着ているタートルネックのセーターです。クリーニングに出すつもりでいたので、バッグの中に他の洗えない衣類と一緒に詰め込まれていたため、シワが目立つ状態になっています。

洗う際の注意点

■ドライ設定にする
■必ずネットに畳んで入れる
■洗濯後は陰干しで、ハンガーは使わず、物干しなどに吊るして干す
■形くずれやシワ防止のため、脱水後すぐに干す

洗濯機から出してもまだしっとりと濡れているセーターを、室内の物干し竿に半分に折って干し、1日ほど乾燥させます。

洗濯後の変化

洗って干しただけなのに、しっかりシワが取れ、生地も滑らかな印象になっています。縮みも全く感じられません。驚いたのはその触り心地。滑らかですべすべとした感触に変わっていました。これなら静電気も気にならなそうです。

家で洗えると洗濯がますます楽しくなる!

手洗いマークのあるものならば、家でおしゃれ着用洗剤を使えば簡単に洗えることがわかりました。この後アイロンをかければ、もっと最初の頃の状態に戻せるのではないかと思います。

これまで苦手意識のあった、セーター類の家での洗濯も、洗濯表示をよく確認し、おしゃれ着用洗剤を使ってこれからどんどん洗っていきたいと思います。これまでクリーニングに出していたことを思えば、かなり家計節約になるのではないでしょうか。おうちクリーニングが楽しくなりそうです。

 

この記事をかいた人

ダイエットや筋トレを始めて以来、食べるものに気を使うようになりました。これまで自分がどれだけ食に関して(特に炭水化物に関して)無頓着だったかがわかるようになっていました。自分が選んで食べるもので、体は作られていることをますます実感する今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です