オリーブオイルの魅力

パンにつけたり、パスタと和えたり、揚げ物にも使えたり。そんな万能な油であるオリーブオイル。

初めてパンをオリーブオイルにつけて食べた時は、その美味しさに驚いたものでした。

なんとなくオリーブオイルは身体に良いから使っていると言う方も多いかもしれませんね。

実際他の油との違いはどこにあるのでしょう。またオリーブオイルの効能や効果的な使い方をご紹介します。

 

 

オリーブオイルとは

オリーブの果実を絞って取れるオリーブオイルは、植物由来の食用油の一種です。

特にオリーブオイルとごま油は、必要な油を絞って不要物を取り除いた後、加熱処理などをすることなく製品にすることができます。

このため製造過程で、オリーブの品質や圧搾の違いなどによって、同じ原料の油でも風味や香りが変わってくるのです。

さらに菜種油、ひまわり油、大豆油などのように加熱や精製処理を必要とする油に比べて、酸化しにくいとも言われています。

 

 

エクストラバージンオリーブオイルとオリーブオイルの違い

オリーブオイルは、製造過程によって大きく分けて2種類に分類されます。

 

・エクストラバージンオリーブオイル

エクストラバージンオリーブオイルと呼ばれるものは、オリーブの果実を絞っただけの100%オリーブオイルのことを呼びます。

他のオリーブオイルに比べると高価で、オリーブに含まれている天然成分の香りをしっかりと味わうことができます。

パンに直接つけたり、ドレッシングに使われるのもエクストラバージンオリーブオイルが多いですね。

エクストラバージンオリーブオイルの中でも品質が良いものがランク付けされており、最近ではスーパーなどで外国産のオリーブオイルを多く見かけることも増えましたね。

ランクが上のものは当然上等で優れた味わいを持つものということになります。

 

・オリーブオイル(ピュアオリーブオイルとも呼ばれる)

エクストラバージンオリーブオイルに対してオリーブオイル(またはピュアオリーブオイル)と呼ばれるものは、オリーブを絞ったオイルを精製した後に、エクストラバージンオリーブオイルなどをブレンドして作られたもののことを言います。

どのようにブレンドするかに特に決まりはなく、製造元によって無味無臭のオイルになることもあったり、オリーブらしい香りがつけられているものもあります。

香りや味わいはエクストラバージンオリーブオイルに比べると少なく、色も薄い緑色になりますが、油の成分自体に変化はありません。

外国ではさらに細かくオリーブオイルがランク分けされているようですが、日本国内で購入できるのはエクストラバージンオリーブオイルとオリーブオイルの2種類とされています。

 

オリーブオイルの特徴は「酸化しにくいこと」

健康に良さそうという認識はあっても、実際にオリーブオイルを使うとどんなことがあるのでしょうか。

 

オリーブオイルに含まれる主な成分

  • ポリフェノール、βカロテン、ビタミンE(抗酸化作用がある)
  • オレイン酸(美肌効果や便秘解消効果があり、悪玉コレステロールを下げて生活習慣病を予防する)

エクストラバージンオリーブオイルの中には、特にポリフェノールやビタミンEなど抗酸化作用のある成分が多く含まれています。

オイルは酸化すると風味が悪くなったり、嫌な臭いを発したりします。

私たちの体は酸化するとシミしわなどの老化が発生したり、高血圧、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こすなどトラブルが起きやすくなります。

オレイン酸を含むオリーブオイルは「酸化しにくい」ことが特徴なので、オリーブオイルを日常的に使うことで、体も酸化しにくくなる抗酸化作用が期待できるのです。

エクストラバージンオリーブオイルはもちろん、精製されたオリーブオイルでも、オレイン酸は残っているので他の油に比べて酸化しにくいのが特徴です。

 

 

オリーブオイルの保存方法

酸化しにくいとは言え、直射日光の当たる場所に置いたり、暑すぎる場所では傷みが進み、酸化が起こることも。

使用しない時は、ガスコンロのそばから離して保管しましょう。高温も酸化が進む原因となります。冷蔵庫の中に入れるのも品質が劣化するため避けたほうが良いでしょう。

保存は冷暗所でおこないます。

オリーブオイルの賞味期限は開封前なら1〜2年程度、開封後なら2〜3ヶ月程度と言われています。

購入するときは使い切れるサイズを選ぶことも、オリーブオイルの効果を十分に得るために覚えておきたい事のひとつと言えます。

 

 

美味しい食べ方

オリーブオイルには、生のままでも十分美味しくいただけますが、一手間かけることでさらに食材を引き立ててくれます。

例えばパンにつけて食べるだけでなく、パンにオイルを塗ってから焼いたり、オイルをフライパンに引いてからパンを焼くなど。

バターではカロリー過多になってしまう時も、オリーブオイルを使えばヘルシーに食べることができます。

またマヨネーズを大量に使うサラダなどの場合も、マヨネーズの量を少し減らして、その分オリーブオイルを加えると、さっぱりとしたサラダになります。

エクストラバージンオリーブオイルは、サラダにかけるだけで素材の味を引き立たせ、美味しく食べることができます。

カルパッチョなどのように魚介類を生で食べる場合には、風味をさらに引き立たせるためにも、ぜひエクストラバージンオリーブオイルを使ってみてください。

 

 

ヘルシーで美味しい。オリーブオイルを身近に使いましょう

酸化しにくく、体にも有効な成分をたくさん含んでいるオリーブオイル。毎日の食事には欠かせない油から、こだわって使ってみましょう。

抗酸化作用に優れた良い油を使うことで、健康的で美味しい食生活になること間違いなしです。

この記事をかいた人

年末が近づき、気持ちだけが焦る毎日ですが、そんな時はいつもより長く犬の散歩に出かけるようにしています。犬とともに歩いていると、頭の中が整理され、考えがまとまらなかったことも意外とスッキリ解決できることも。冷たい空気の中を深呼吸しながら歩くことで、体の中に新鮮な空気を取り入れることもできて、帰宅後は体がポカポカです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年末が近づき、気持ちだけが焦る毎日ですが、そんな時はいつもより長く犬の散歩に出かけるようにしています。犬とともに歩いていると、頭の中が整理され、考えがまとまらなかったことも意外とスッキリ解決できることも。冷たい空気の中を深呼吸しながら歩くことで、体の中に新鮮な空気を取り入れることもできて、帰宅後は体がポカポカです。