【わざわざ】出かける価値のあるお店。レストラン茅乃舎へ行ってきました。

福岡県在住の私。以前より東京から家族や友人が福岡を訪れるたびに「どこに行きたい?」と聞くと決まって「茅乃舎(かやのや)に行ってみたい!」という返答が帰ってきました。

茅乃舎は和風だしや調味料で有名な福岡の老舗です。母体は、明治26年創業の「久原(くばら)本家」という調味料や食品の会社です。その茅乃舎が里山に構える自然食レストランが「レストラン茅乃舎」です。全国に店舗はあれど、レストランがあるのは福岡県の久山(ひさやま)町のみということで、予約が取れないレストランでも有名です。

空港から車で40分ほど、我が家からも車で40〜50分ほどのところに位置しているレストラン茅乃舎。その人気の秘密を探るために、秋が深まる山の中を出かけてきました。

人気の秘密その1:小旅行気分を味わえる

福岡市内から少し離れると、そこは懐かしい気持ちになるような里山の風景が広がっています。近くには伊野天照皇大神宮(いのてんしょうこうたいじんぐう)もあり、ちょっとした旅行気分が味わえますよ。

神社から車で5分ほど走ったところに目指す目的地があります。山の中に現れる、茅葺屋根の古民家です。こちらの建物は、もともとあったものを移築や改装したのではなく、創業者がこの久山の里の土地を気に入り、レストランとして建てたのだそうです。

紅葉の季節なので、色とりどりの葉が美しく、民家の煙突から出ている煙も昔話に出てくるような雰囲気です。手入れが行き届いた庭には、庭師の方がずっと作業をされていました。

すっきりとした無駄のない空間。余計なものは一切見せず、徹底して山郷の雰囲気を出す。これが非日常を感じる私たちを引きつけてやまない魅力なのだと思います。

人気の秘密その2:入店してからも続くお洒落な非日常感

大きな4枚扉が開くと受付の方が店の中へ案内してくれます。ランチタイムの開店前に行ったにもかかわらず、大勢の人がすでに待っているのには驚きました。

待ち時間も退屈しないよう、囲炉裏のしつらえもありました。とにかく細部まで手が行き届いた心配りに、食事が始まる前からワクワクしてしまいます。

人気の秘密その3:名前入りカードなど細かいところに仕掛けが

予約の際にフルネームで名前を聞かれ、不思議だなと思っていたら、席に着いたら自分の名前の入ったカードが置かれていました。しかも女性心をくすぐる可愛さ。

その他にも季節にちなんだ果物が描かれた敷き紙や、メニューなど細部までぬかりないこだわりです。

店内から外を見ると、茅ぶき屋根の梁部分が見えます。これを手入れして保存するだけでもどれだけ大変かと思いました。そして、さすが里山の中。辺りには何もありません。夜になったら本当に真っ暗で、動物が出てくることもあるそうですよ。

人気の秘密その4:ランチタイムには体に優しい料理の数々を

地元で採れた食材を使って、料理長がその持ち味を存分に引き出した料理をコースで味わうのがレストランのメニューです。この日のランチは11月にちなんだ食材や献立になっていました。

中でも丁寧に出汁が取られた「十穀鍋」は人気のメニューです。私たちもそれを楽しむことにしました。注文するとこの土鍋が現れ、中に十種の雑穀、白ごま、にんにく、クコの実などをブレンドしたオリジナルスープに黒豚を合わせる鍋です。

料理を食べながらおしゃべりをしているうちに、鍋はグツグツと煮たち始めます。いい香りもしてきました。

蓋を開けてみると食べごろの状態。十種の穀物と野菜が黒豚と合わさって、優しい味の出汁がとても効いています。また、この鍋のサイズも見た目よりも実際の直径は小さく、二人で食べて最後にスープまで全て飲み干すのに丁度良いサイズに作られていることに感動しました。

パンチを効かせた味ではなく、どこまでも体の隅々まで染み渡るような、素材の味を生かした料理。これは素人ではなかなか作れません。わざわざこの場所まで来たからこそ味わえる料理でした。

人気の秘密その5:隣には暖炉のある茶舎(カフェ)も

レストランの隣には暖炉のあるカフェも併設されています。暖炉のために並べられた薪も、素敵な空間を演出するアイテムとなっていました。食後にコーヒーが飲みたい方は、こちらを使っても良いですね。

混んでいる時間帯は、カフェは待つこともあるそうなので、前もって予約しておくと良いかもしれません。大きなカウンターがあり、ゆったりとした時間が流れます。レストランとはガラリと変わったモダンな雰囲気も居心地が良いですよ。

目で見て舌で味わって楽しむことのできる贅沢

車でないと行けない場所にあり、夜は真っ暗で人気もなくなる山里の中にあるレストラン。でも訪れる人が途切れることはなく、この日も1回目のランチの時間が終わった後、次のランチの時間の人が、外でお茶を飲みながら待っている姿が大勢見られました。

予約が取れないくらい人気があるのもうなずけます。その場所でしか食べられない素材を生かした優しい料理と、その場所でしか味わえない雰囲気を感じに、わざわざ出かける価値のあるレストラン茅乃舎。一緒に行った家族や友人も大満足の1日となりました。

この記事をかいた人

年末が近づき、気持ちだけが焦る毎日ですが、そんな時はいつもより長く犬の散歩に出かけるようにしています。犬とともに歩いていると、頭の中が整理され、考えがまとまらなかったことも意外とスッキリ解決できることも。冷たい空気の中を深呼吸しながら歩くことで、体の中に新鮮な空気を取り入れることもできて、帰宅後は体がポカポカです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

年末が近づき、気持ちだけが焦る毎日ですが、そんな時はいつもより長く犬の散歩に出かけるようにしています。犬とともに歩いていると、頭の中が整理され、考えがまとまらなかったことも意外とスッキリ解決できることも。冷たい空気の中を深呼吸しながら歩くことで、体の中に新鮮な空気を取り入れることもできて、帰宅後は体がポカポカです。