忙しいけど手荒れとは無縁の冬を過ごしたい! そんなあなたにおすすめハンドケア方法。

季節が冬へ向かい、空気が乾燥してくると、手荒れに悩む人が増えてきますね。夏の間はそれほど深刻にならないし、同じ洗剤や石鹸を使っているのにもかかわらず、なぜ冬場は手荒れが発生してしまうのでしょうか。

それらの原因とネイルサロンでネイリストの方から教えてもらった、余計なことはせずシンプル、でも確実に効く手荒れ対策法をご紹介します。

 

 

手荒れの原因とは

人間の肌には皮脂を分泌する器官である皮脂線があります。この皮脂線から出る油分が汗と混ざって皮脂膜になり、肌を守っています。

手のひらには脂を出す皮脂線と汗を出す汗腺がありますが、手のひらには皮脂線がありません。

冬場は乾燥で手の皮脂線から出る脂が少なくなるとともに、汗をかく機会も少ないため、皮脂膜が手をバリアすることができにくくなります。

さらに手の皮膚はもともと皮脂線が少ないために、肌の角質層がダメージを受けやすくなってしまうのです。

普段なら皮脂膜から出る皮脂と汗腺から出る水分が皮脂膜を作り、指先を保護してくれるのですが、バリア機能の低下した冬場に水や洗剤を使った洗い物、冬場の感染症予防のためにアルコール消毒などを繰り返すと、乾燥を進行させ手荒れをひどくさせてしまいます。

特に寒さの厳しい冬場は、洗い物に温かい湯を使う方も多いと思います。食器洗いの際に35℃以上のお湯を使うと、皮脂が溶け出し荒れる原因になると言われています。

 

 

ハンドクリームの前に水分補給!が手荒れを防ぐポイント

この手荒れをなんとか防ごうと、まずはハンドクリームを塗ることを思いつくでしょう。

でもよく考えてみてください。荒れてガサガサになっている手肌は、乾燥が激しくなっている状態です。

そこにどんなに高価なハンドクリームで油分だけを与えても、なかなか染み込んではいきませんね。

顔の肌に洗顔後は化粧水をつけるように、肌が潤っている状態は水分がたっぷり含まれた時のことを言います。肌に水分が多いと、それだけでなめらかで美しく見えるものです。

バリア機能を失い乾燥した結果荒れてしまった手肌には、油分よりもまず水分を与え、手肌の水分量を増やすことが大切です。

 

 

ネイリスト直伝のシンプルハンドケアとは

以前ネイルサロンに行った時に、手の荒れに悩んでいた私がどうしたら潤いを保てるのか聞いてみたことがありました。

高価なハンドクリームを使うのか、それともまめにサロンに通うのか・・・どれも出来そうにないなあと思っていた時に、そのネイリストさんの行った言葉は驚くほどシンプルでした。

「とにかくまずは手が荒れる前から先手を打つことが大切です。水分を失わないように化粧水を使いましょう。化粧水で保湿をしたら、その後は安いハンドクリームでいいので、出来るだけたっぷりクリームを塗ってください。そしてしっかり浸透するようにラップやビニール手袋で覆ってしばらく置きます。これで手荒れ知らずですよ。」

そんな簡単な方法で良いのか!と驚いたことを覚えています。荒れてからではなく、荒れる前に水分を注入しておくこと。これがポイントということでした。

なるほど!それなら私にも出来そうです。本当に乾燥する冬場が来る前に今がその先手を打つ時期。早速試してみましょう。

 

 

実際に試してみました

1. 肌の状態を確認しましょう

本邦初公開。お目汚し本当に申し訳ありません。私のお手入れ前の手。
しわしわで、乾燥もしており、指も太くてとても恥ずかしい状態です。

 

2. 用意するもの

化粧水とハンドクリーム(または水分の含まれたハンドクリーム)と100円ショップで購入したビニール手袋。今回はハンドクリームのみを使いましたが、手荒れのひどい方はまずは手持ちの化粧水で水分をたっぷり与えたあとに、ハンドクリームをしっかりと手につけるのが良いでしょう。

 

3. 化粧水をまず先に、その後しっとりするまでクリームを何度も塗りこみましょう

化粧水で肌の表面を整えたら、クリームは1回にこのくらいの量を使います。

一度ではなかなか指の先から手の甲まで行き渡らないので、何度も繰り返し塗っていきましょう。一緒に手首あたりまで塗っておくと良いですよ。

その時に漫然と塗るのではなく、指の血流をよくするようにマッサージをする要領で塗り込んでいきます。

 

4. 乾燥しがちな指先は、クリームにプラスしてオイルも塗ると完璧です

水仕事だけでなく、紙を扱ったりすると刺激で指先の皮脂が取れ、乾燥が進みます。指先だけはクリームの後にオイルを塗りこんでおくとさらに水分が保持されて潤いが逃げにくくなります。

使うのはネイル用オイルが一番ですが、顔用のオイルでも問題ありませんでした。

 

5. クリームを塗ったらしばらく放置します

乾燥を防ぐのと、クリームが浸透するように、ビニール手袋やラップで手を包みます。こうすると指先がポカポカと温まり、クリームが染み込んでいる状態を感じられます。

放置時間は人それぞれですが、私はテレビの前でドラマを見る間1時間くらいは置いています。

 

6. 浸透完了!肌に潤いが戻ってきました

急激に指が細くなるわけでもなく、手が白くなるわけでもありませんが、潤いがアップしてしっとりとした手になりました。

私の荒れた手でもここまで変わるので、皆さんも是非お試しください。

 

 

覚えておきたいこと

肌が荒れる前にお手入れを。まずは「水分」次に「油分」がポイントです。

  • 乾燥を感じたらハンドクリームの前に化粧水、ジェルなどで水分を補給する
  • 水分補給後は、油分のあるハンドクリームでフタをする
  • 指先など特に乾燥の激しい部分にはオイルも効果的
  • ビニール手袋やラップで密閉して完全に浸透させる

 

 

手荒れのない指先は毎日が楽しくなります

どんなに乾燥する季節でも、手先が綺麗に潤っていると気持ちがいいものです。

手の先、肘、膝、かかとなどは手をかければ手をかけるほどきちんと答えてくる部分でもあるのです。

本格的な寒さが来る前に、肌に水分をしっかり染み込ませておきましょう。そうすればこの冬は手荒れや肌荒れなしの冬を過ごせるかもしれませんよ。

この記事をかいた人

年末が近づき、気持ちだけが焦る毎日ですが、そんな時はいつもより長く犬の散歩に出かけるようにしています。犬とともに歩いていると、頭の中が整理され、考えがまとまらなかったことも意外とスッキリ解決できることも。冷たい空気の中を深呼吸しながら歩くことで、体の中に新鮮な空気を取り入れることもできて、帰宅後は体がポカポカです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です