夏の疲れが歯にでるワケ❗️

あんなに暑かった今年の夏。

皆さまどの様にお過しでしたでしょうか?

燃える様な季節がひと段落したかに思える、心地よい風が朝晩吹き

ようやく過ごしやすくなって参りました。気分はすっかり秋ですね。

 

こんな時こそ、要注意‼︎

気持ちは秋でも、皆さんの身体は夏をひきずっています。

今日はお口の健康から見た、夏の終わりの注意点についてです。

 

この時期に、よくある患者さん(特に女性)の症状として

「ここ数日、なんだか奥歯に鈍痛を感じるんです」

「ズキズキ痛いわけではないけど、なんだか重い痛みがありまして、、、」

 

症状の個人差はございますが、この様な症状を訴える方がよくいらっしゃいます。

レントゲンを撮ったり、歯の診察をしても歯自体に問題はなさそうです。

そこでよくよく歯ぐきをチェックしてみると、、、

皆さん大体歯ぐきが腫れていらっしゃいます。

今回は、歯ではなく、歯ぐきが痛かったのです!

なぜ歯ぐき??

 

歯自体にはキーンと強い痛みを感じる神経が通っているのに対し

歯の周囲にある組織には鈍い痛みを感じる神経が通っています。

皆さんそもそも歯ぐきが腫れたご経験がない方が多いので、歯が悪いと思って来院されます。

この様な場合、一時的な腫れであるケースが多いのですが

放っておくと本格的な歯周病等に移行する可能性もあります。

予防策としては

まれに歯に問題がある場合もありますので、我慢せず直ぐにクリニックを受診するのをおススメします。

適切な処置を受ければ、大体1週間くらいで治る事が多いのですが

やはり一番重要なのは、ご自身による毎日の歯のお手入れです。

オーラルケアはつい義務的になりがちですが

是非楽しみながら予防に努めて頂きたいと思います。

今こそオーラルケアが必要

疲れが溜まると風邪を引いたり体調不良が起きやすい事は、皆さんよくご存じかと思います。

お口の中では、歯ぐきや唇、頬の粘膜など柔らかい部分に症状が出やすいものです。

夏の終わりこそ!オーラルケアをしっかりとされて、秋の味覚を存分に楽しむ準備に備えて下さいね❗️

 

今月は連休も続きますので、皆さま楽しい1週間をお過ごしくださいませ。

 

この記事をかいた人

村瀬 玲奈
総合病院で勤務医として患者の口腔ケアに尽力する傍ら、2017年に起業。日々患者と向き合う中で、心からおすすめできる歯磨き粉、オーラルケア用品がないことに気が付き、自ら監修したオリジナルオーラルケア販売業を始める。より安全で優れた製品への関心が高まったきっかけとなったのは自身の妊娠。現在は2児の母でもあり、ママ起業家として多数のメディアに出演している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

村瀬 玲奈

総合病院で勤務医として患者の口腔ケアに尽力する傍ら、2017年に起業。日々患者と向き合う中で、心からおすすめできる歯磨き粉、オーラルケア用品がないことに気が付き、自ら監修したオリジナルオーラルケア販売業を始める。より安全で優れた製品への関心が高まったきっかけとなったのは自身の妊娠。現在は2児の母でもあり、ママ起業家として多数のメディアに出演している。