~ほっくりとした甘みとやさしい味わいの彩豊かな一品~ そら豆と海老のふんわり卵炒め

旬のそら豆メニューです!お弁当にも、ご飯のおかずにも、おつまみにも!

そら豆は高タンパク質・低カロリー。

栄養価が高く、美容と健康に良い旬の野菜です。

 

主な食材の栄養素と期待できる効果

食材 栄養素 期待できる働き
そら豆 ビタミンB1 疲労回復、ストレス緩和
ビタミンB2 美肌、エイジングケア
ビタミンC 風邪予防、疲労回復、肌荒れ
カリウム むくみ改善、高血圧予防
貧血改善、体力増進、冷え性改善、エイジングケア
マグネシウム 疲労回復、便秘改善

カロリー:一人当たり387Kcal

 

材料(二人分)

印刷する

そら豆 20粒程度
むき海老、イカなど 100g
片栗粉 大さじ1
大さじ1
2個
すりおろしニンニク 大さじ1
ごま油 大さじ1
塩、胡椒

 

作り方

1.そら豆をさやから出して、豆の頭の筋に包丁で切り込みを入れます。

2.鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を入れて2分ほど茹でます。

ざるに上げて粗熱をとりましょう。

(このとき、水や氷水に放すと水っぽくなり旨味が逃げてしまいます)

3.むき海老は酒と片栗粉で揉んでおき、5分置いたら水気を拭き取っておきます。

4.フライパンにごま油を熱し、すりおろしニンニクと 3 を入れて軽く炒めます。

5.溶いた卵を加えて強火でふんわりと炒めます。

そら豆を加えて、塩コショウで味をととのえます。

6.できあがり

 

ひとことおいしくなるコツ

  • そら豆は、さやから出すと鮮度が落ちますので、さやに入ったものを買いましょう。
    またさやから出したらすぐに下茹でしましょう。
  • 保存する場合には下茹でしたものを冷凍庫で。
  • 冷凍のシーフードミックスを使用しても美味しくできます。
    その場合には、シーフードミックスを解凍してから使用してください。

この記事をかいた人

椎名 由起子
“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

椎名 由起子

“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。