切干大根とひき肉のカレー炒め煮

切干大根は骨粗鬆症予防だけじゃない!
腸内環境も向上するスグレモノ!

食物繊維とカルシウムが豊富な切干大根をカレー風味で彩りよく。

主な食材の栄養素と期待できる効果

食材 栄養素 期待できる働き
切干大根 食物繊維 便秘改善、腸内環境向上
カリウム むくみ解消、高血圧予防
貧血改善、造血作用
カルシウム 骨粗鬆症予防、エイジングケア
マグネシウム 骨粗鬆症予防、エイジングケア、免疫力アップ
ビタミンB1 疲労回復
ビタミンB2 粘膜保護

1人当たり約156kcal

材料    4人分

切干大根 30g
豚ひき肉 50g(鶏ひき肉でも美味しいです)
人参 1/2本(約60g)
玉ねぎ 1/2個(約150g)
いんげん 50g
にんにく 1片
小さじ1
<A>
150ml
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
カレールウ 大さじ1
コチュジャン 大さじ1

作り方

  1. いんげんを茹でます。
    いんげんのタを折って筋をとり、まな板に置いて塩(分量外)をふって板ずりします。
    沸騰した湯で2分ほど茹でます。
    茹でたら水にさらします(色止め)。
    水気を切って、斜めに切ります。
  2. 人参は薄いいちょう切りに、玉ねぎは薄切りに、にんにくは薄くスライスします。
    切干大根は軽く水で洗い水気を切っておきます。
  3. フライパンに油を熱し、にんにくを軽く炒めます。
    香りが立ってきたら、ひき肉を炒め、色が変わってきたら人参と玉ねぎを加えて炒めます。
  4. さっと洗った切干大根を<A>を加えて全体を混ぜ、煮立ってきたら弱火で5分ほど煮ます。
  5. 茹でたいんげんを加えて、さらに3分ほど水分がなくなるまで炒め煮します。

 

ひとことおいしくなるコツ

    • 切干大根を水で戻さず、さっと洗うだけなので時短調理になります。
    • 季節のお野菜を取り入れてお楽しみください。

この記事をかいた人

椎名 由起子

人生を豊かにする栄養士、しいなゆきこです。
いつも、健康館「冷え性改善レシピ」をご覧くださりありがとうございます!
私たちのカラダは、私たちが食べたものでできています。
毎日のお食事の積み重ねが、未来の自分のカラダをつくります。
自分自身や大切な人・家族のために、豊かな人生を送るための食生活をご提案しています。
(取得資格)栄養士、食生活アドバイザー、フードコーディネーター、ガス設備士
(活動内容)レシピ配信・監修、メニュー開発、講師、料理研究家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

椎名 由起子

人生を豊かにする栄養士、しいなゆきこです。
いつも、健康館「冷え性改善レシピ」をご覧くださりありがとうございます!
私たちのカラダは、私たちが食べたものでできています。
毎日のお食事の積み重ねが、未来の自分のカラダをつくります。
自分自身や大切な人・家族のために、豊かな人生を送るための食生活をご提案しています。
(取得資格)栄養士、食生活アドバイザー、フードコーディネーター、ガス設備士
(活動内容)レシピ配信・監修、メニュー開発、講師、料理研究家