つくりおき常備菜 なすの甘辛生姜煮

みずみずしいなすの旨みをとじこめた

生姜の香りと甘辛の味がジュワッと滲み出すご飯が進む一品

 

主な食材の栄養素と期待できる効果

食材 栄養素 期待できる働き
なす ナスニン(ポリフェノール)、カリウム、食物繊維 火照り鎮め、アンチエイジング、眼精疲労回復、肥満防止、便秘、むくみ
生姜 ジンゲロール 冷え
シネオール 免疫力アップ、アンチエイジング、デトックス

カロリー(一人分あたり):235kcal

 

材料

印刷する

なす 3本
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ1
すりおろし生姜 大さじ1
ごま油 大さじ1

 

作り方

1.なすはヘタを切り落として、縦半分に切り、斜めに切り目を入れ、長さを4等分します。

生姜はすりおろしておきます。

2.鍋にごま油を熱し、①をさっと炒めた後、ひたひたの水としょうゆ、砂糖を加え、落としぶたをしながら汁気がなくなるまで煮ます。

  • お弁当に
  • つくりおきに

 

ひとことおいしくなるコツ

  1. なすに切り込みを細かく入れることで味染みがよくなります。

この記事をかいた人

椎名 由起子
“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

椎名 由起子

“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。