鮭ときのこの山椒味噌焼き

山椒味噌焼きの香りが食欲をそそります
お食事にも、おつまみにも

脂分が少なくあっさりとした身の秋鮭に、ヘルシーなきのこをたっぷりと合わせました!
ビタミンDがたくさん摂れるメニューです。

主な食材の栄養素と期待できる効果

食材 栄養素 期待できる働き
ビタミンB1 疲労回復、集中力アップ
ビタミンB12 貧血予防
ビタミンD 骨を丈夫に、ストレス軽減、ガン予防、免疫力アップ
コラーゲン 美肌
椎茸 ビタミンD 骨を丈夫に、ストレス軽減、ガン予防、免疫力アップ
エリタデニン 血流サラサラ、冷え症改善
β―Dグルカン がん予防、免疫力アップ
しめじ ビタミンD 骨を丈夫に、ストレス軽減、ガン予防、免疫力アップ
β―Dグルカン がん予防、免疫力アップ
えのき茸 ビタミンB1 疲労回復、集中力アップ

一人当たり約275kcal

材料  2人分

生鮭 2切(約200g)
椎茸 4枚(約30g)
しめじ 1/3パック(約30g)
えのき茸 1/4袋(約30g)
小松菜 1株(約30g)
適量
適量
粗塩 ひとつまみ
大さじ半分
<A>
味噌 大さじ3
みりん 大さじ2
卵黄 1個分
実山椒(下処理済み) 小さじ1
粉山椒
すだち、かぼす

作り方

  1. みりんは煮切っておきます。
    (鍋に入れて1分ほど煮立たせます)
  2. 生鮭の切身は骨を取り、塩と酒をふりかけて30分ほど置き、ペーパーで水気を拭き取ります。
  3. 椎茸は石づきを切り落とし縦に4等分に、しめじは小房にほぐし、えのき茸は半分の長さに切りほぐします。
    小松菜は塩茹でして4cm長に切ります。
    このとき、きのこ類と小松菜の長さを同じくらいにすると仕上りが綺麗です。
  4. すり鉢で実山椒を擦り、材料Aを混ぜ合わせます。
  5. 山椒味噌を鮭切身と椎茸・しめじ・えのき茸・小松菜にからませます。
  6. グリルパンにを並べて、上下中火で7〜8分焼きます。
    グリルパンがない場合はホイルに包んで焼いたり、オーブントースターでも代用できます。
  7. 焼きあがったら、皿に盛り付け、粉山椒をふります。

ひとことおいしくなるコツ

  • 実山椒は塩茹でした後、水にさらしたものを使用します。
  • みりんを煮切るのはアルコール分を飛ばすための行程です。
  • 使用する味噌は、そのお味噌でもOKです(白味噌、赤味噌、豆味噌、麦味噌)。
  • 山椒味噌に卵黄を加えることでコクが出ます。
  • 山椒味噌は煮切りみりんの甘さだけでも十分甘みがありますが、より甘い方がお好みの方はきび砂糖などを加えてください。

この記事をかいた人

椎名 由起子

人生を豊かにする栄養士、しいなゆきこです。
いつも、健康館「冷え性改善レシピ」をご覧くださりありがとうございます!
私たちのカラダは、私たちが食べたものでできています。
毎日のお食事の積み重ねが、未来の自分のカラダをつくります。
自分自身や大切な人・家族のために、豊かな人生を送るための食生活をご提案しています。
(取得資格)栄養士、食生活アドバイザー、フードコーディネーター、ガス設備士
(活動内容)レシピ配信・監修、メニュー開発、講師、料理研究家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

椎名 由起子

人生を豊かにする栄養士、しいなゆきこです。
いつも、健康館「冷え性改善レシピ」をご覧くださりありがとうございます!
私たちのカラダは、私たちが食べたものでできています。
毎日のお食事の積み重ねが、未来の自分のカラダをつくります。
自分自身や大切な人・家族のために、豊かな人生を送るための食生活をご提案しています。
(取得資格)栄養士、食生活アドバイザー、フードコーディネーター、ガス設備士
(活動内容)レシピ配信・監修、メニュー開発、講師、料理研究家