カラダポカポカ コク旨キムチ鍋

発酵食品のキムチと味噌で体を元気に!

冷えた体を温めながら、腸内環境を整え、体の中から健康に。

 

主な食材の栄養素と期待できる効果

食材 栄養素 期待できる働き
キムチ カプサイシン 血行促進、食欲増進、代謝アップ
豚肉 ビタミンB1、B2 冷え症改善、疲労回復、美肌、ダイエット
ニラ アリシン 疲労回復、抗がん、血行促進
ビタミンB1 疲労回復、冷え症改善
βカロテン 抗発がん作用
ビタミンE アンチエイジング、生活習慣病予防
ネギ ビタミンA 美肌、エイジングケア、免疫力アップ
ビタミンC 風邪予防、美肌
βカロテン 抗発がん作用
アリシン 疲労回復、抗がん、血行促進

カロリー(四人分あたり):449Kcal

 

材料

印刷する

豚ばら肉 50g
<A>
カップ
煮干し(いりこ) 10本分
昆布 10cm分
<B>
みそ 大さじ3
大さじ2
コチュジャン 大さじ1
ごま油 大さじ1
にんにくすりおろし 大さじ1
醤油 大さじ1
厚揚げ 1丁
えのきだけ 1袋
シイタケ 2枚
にんじん 5cm分
もやし 1袋
ねぎ 1本
にら 1束
キムチ(自家製でも市販でのOK) 150g

※コチュジャンが無い場合は、赤唐辛子+味噌+ごま油+すりおろしにんにく+砂糖で代用できます。

 

作り方

1.鍋に<A>を入れて30分くらい置きます。

2.野菜と豚肉を食べやすい大きさに切ります。

3.<B>を混ぜ合わせておきます。

4.鍋を火にかけて、沸騰寸前に煮干し(いりこ)と昆布を取り出します。

5.火の通りにくい順に野菜を入れ、豚肉と<B>を入れます。(野菜は、ニラとキムチ以外)

6.豚肉に火が通ったら、ニラとキムチを加えてひと煮します。

7.味をみて、足りないようだったら醤油(分量外)で味を調えます。

 

ひとことおいしくなるコツ

  • お好みの野菜でお楽しみください。
  • シメには、うどんや麺など楽しめます。
  • 市販の「キムチ鍋のもと」を使わずに、おうちにある調味料で美味しいキムチ鍋を。

この記事をかいた人

椎名 由起子
“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

椎名 由起子

“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。