塩焼きだけじゃない!簡単 さんまの梅山椒生姜煮

旬の青魚を煮たご飯が進む一品。お酢と梅がからだを元気にしてくれます。

生姜、梅、山椒が青魚の脂や香りを美味しくひきたてます。

 

主な食材の栄養素と期待できる効果

食材 栄養素 期待できる働き
さんま DHA(ドコサヘキサエン酸) 記憶力アップ、脳の活性化
IPA(イコサペンタエン酸) 血液サラサラ、冷え
ビタミンB12 貧血
アミノ酸(有機酸) ダイエット、疲労回復、便秘、美肌、殺菌
クエン酸 疲労回復
生姜 ジンゲロール 冷え
シネオール 免疫力アップ、アンチエイジング、デトックス
はちみつ ビタミンC 美肌
ビタミンB2、B12 ダイエット、疲労回復
ポリフェノール アンチエイジング

カロリー(二人分あたり):405Kcal

 

材料

印刷する

さんま 2尾
<A>
梅干し 2粒
実山椒の佃煮 大さじ1
生姜 ひとかけ
大さじ2
しょうゆ 大さじ2
はちみつ 大さじ2
100㏄

 

作り方

1.生姜は千切りにします。

さんまの頭を落として4cm長の筒状に切り、割りばしで腹わたをかきだし、流水でさっと洗って、ペーパーで水気を拭き取ります。

2.鍋にさんまとAを入れて火にかけ、煮立ったら落しぶたをして弱めの中火で10分煮ます。

煮汁が少なくなったら火を止め、そのまま冷まして味をなじませます。

 

ひとことおいしくなるコツ

  1. 煮ている間はときどき鍋を揺すりましょう。
  2. いわしでも美味しくできますよ。

この記事をかいた人

椎名 由起子
“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

椎名 由起子

“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。