野菜もいっぱい食べられる 鮭の南蛮漬け

旬の鮭を南蛮漬けにした時間が経っても美味しい作り置きサラダ

ひんやり冷たい甘酸っぱいたれで野菜もたっぷり食べられます。

 

主な食材の栄養素と期待できる効果

食材 栄養素 期待できる働き
生鮭 ビタミンB1 疲労回復
ビタミンB12 貧血予防
玉ねぎ 硫化アリル 血行促進、ダイエット、からだを温める
ケルセチン アンチエイジング、美肌
にんじん βカロチン 老化防止、風邪予防
クマリン 冷え性、血行促進
ビタミンE アンチエイジング
食物繊維 便秘解消
ピーマン ビタミンC 風邪予防
アミノ酸 ダイエット、疲労回復、便秘、美肌、殺菌

カロリー(二人分あたり):670kcal

 

材料

印刷する

生鮭 2切れ
玉ねぎ 1/4個
にんじん 1/3本
ピーマン 1個
塩、こしょう
薄力粉、揚げ油
<A>
だし 大さじ3
醤油 大さじ3
大さじ6
砂糖 大さじ1
赤唐辛子 1本

 

作り方

1.生鮭は3等分に切り、塩、こしょうで下味をつけておく。

2.玉ねぎは薄切り、にんじんとピーマンは細切りにする。

大きさをそろえて切ると、均等に味がなじみます。

3.保存容器に<A>を混ぜ合わせておく。

4.1に薄く薄力粉をまぶし、170℃の揚げ油でカラッと揚げる。

揚がった順に油をきって熱いうちに3の漬け汁に漬ける。

鮭を漬け終えたら2の野菜を加えてしばらく置いて冷まします。

5.野菜がしんなりとしてきたら、上下を返してさっと混ぜる。

  • つくりおきに

 

ひとことおいしくなるコツ

  1. 揚げたてを漬け込むとよく味がしみます。
  2. 野菜の大きさをそろえて切ると均等に味がなじみます。
  3. 冷蔵庫で1週間保存可能です。

この記事をかいた人

椎名 由起子
“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

椎名 由起子

“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。