”奇跡の野菜ビーツ”を使ったボルシチで夏の疲れをケアしましょう!

奇跡の野菜と言われている
“ビーツ”は女性に嬉しい
栄養素の宝庫!

栄養素をもれなくスープで
いただきましょう!

夏の日差しを浴びた体にポリフェノールと、豊富なビタミンB群とミネラルで内側からしっかりケアしましょう!

主な食材の栄養素と期待できる効果

食材 栄養素 期待できる働き
ビーツ カリウム むくみ予防、高血圧予防
カルシウム 骨粗鬆症予防、イライラ解消
マグネシウム イライラ解消、エネルギー代謝
貧血改善、疲労回復
ビタミンB3 血行促進、二日酔い予防
ビタミンB5 代謝向上、免疫力アップ、脂肪の代謝アップ
葉酸 貧血予防、造血作用
ベタシアニン 抗酸化作用、アンチエイジング
ベタイン 美肌、美髪、肝機能を高める
ラフィノース 腸内環境を整える、便秘改善

カロリー:1人当たり180kcal

 

材料       分量:2~4人分

豚小間肉 200g
ビーツ 200g(1〜2個)
トマトソース 200g(完熟トマトで代用しても良い)
玉ねぎ 1/2個(100g)
人参 1/2本(70g)
じゃがいも 1個(150g)
しめじ 1/2パック(50g)
ニンニク 1かけ
レモン汁 大さじ1
小さじ2
砂糖 小さじ1
こしょう 適量
大さじ1(バターでも良い)
2カップ
サワークリーム

 

作り方

  1.   鍋にたっぷりの水を入れて、ビーツを皮のまま15〜20分間ゆでます。
    皮を剥いてから茹でると色素が全部抜けてしまうので、皮のまま茹でましょう。
  2.  豚肉は食べやすい大きさに切ります。
    野菜はそれそれ、粗みじん〜サイコロサイズに切ります。
    茹で上がったビーツは5mm幅に切ります。
    ニンニクはすりおろしておきましょう。
  3.  鍋に油を熱し、豚肉とすりおろしニンニクを炒めます。
    肉の色が変わってきたら、人参、じゃがいも、玉ねぎ、しめじを加えて炒めます。
  4.  水2カップとトマトソースを加えて15分ほど煮ます。
  5.  ビーツを加えて、さらにレモン汁、塩、砂糖、こしょうを加えて一煮立ちさせて出来上がり
  6.  お召し上がりの際に、お好みでサワークリームを添えますと美味しく召し上がれます。

 

ひとことおいしくなるコツ

  • ボルシチはウクライナの郷土料理です。
  • ビーツはボルシチによく使われている赤カブ。
    和名を「火焔菜(かえんさい)」と言います。
  • ビーツの真っ赤な色素は「ベタシアニン」というポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があり、アンチエイジングやガンの予防にも良いと言われています。
  • ボルシチというスープにすることで、スープに溶け出した水溶性の栄養素をもれなく美味しく召し上がることができます。

 

この記事をかいた人

椎名 由起子
“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

椎名 由起子

“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。