~寒い日にホッと温まるおやつ~ 小豆と酒粕の甘酒ぜんざい

甘酒のやさしい甘みと酒粕効果で体がすみずみまで温まります。

小豆の煮汁はデトックス効果があります。

体の中からキレイに!

 

主な食材の栄養素と期待できる効果

食材 栄養素 期待できる働き
小豆 タンパク質 体を作る、免疫力アップ、冷え性改善
食物繊維 便秘改善、血糖値の急上昇抑制
ビタミンB1 イライラ解消、疲労回復
ビタミンB2 疲労回復、デトックス、粘膜保護、肌荒れ防止
ポリフェノール 抗酸化作用
亜鉛 免疫力向上、美肌
疲労回復、貧血改善
サポニン デトックス
カリウム むくみ予防、デトックス

カロリー:分量当たり343.3kcal

 

材料(2人分)

印刷する

小豆 100g
200ml
甘酒 200g
酒粕ペースト 大さじ1~
(お好みで)
ひとつまみ
餅または白玉

 

作り方

1.小豆を水で洗い、鍋に小豆とたっぷりの水(分量外)を入れて火にかけて5分煮て、ザルにあけて湯を捨てます。(小豆の渋切り)

2.鍋に小豆と新しい水を200ml入れて火にかけます。

3.沸騰したら弱火にして、小豆が柔らかくなるまで煮ます。(60分ほど、圧力鍋を使用した場合は15分ほど)

4.小豆が指で簡単に潰れるくらいになったら塩と甘酒と酒粕を加えて、さらに10分ほど煮ます。

5.餅または白玉を加えて、器に盛り付けて出来上がり。

 

ひとことおいしくなるコツ

  • 酒粕ペーストは酒粕と同量の水で溶いてから使用します。
  • 酒粕が苦手な場合はなくても美味しく召し上がれます。

この記事をかいた人

椎名 由起子
“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

椎名 由起子

“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。