~カラダにやさしく罪悪感ナシ!~ 酒粕と豆腐のティラミス

ヘルシーなのにコクがあって罪悪感ゼロのスイーツ!

美容と健康に嬉しい酒粕を使い、乳製品を使わずに豆腐を使って作るティラミス

 

主な食材の栄養素と期待できる効果

食材 栄養素 期待できる働き
酒粕 ビタミンB1 疲労回復、ストレス緩和、冷え性
ビタミンB2 美容、美肌
ビタミンB6 美髪、美肌、月経症状の緩和
葉酸 貧血予防、免疫力アップ
コウジ酸 美肌効果、シミ防止
パントテン酸 免疫力アップ、疲労回復、ホルモンバランス
食物繊維 デトックス、便秘
レジスタントプロテイン がん抑制効果、生活習慣病予防、アレルギー体質改善
アルブチン しみ、そばかす

カロリー:出来上がり量当たりおよそ468kcal

 

材料(10cm×18cm×6cm容器1個分)

印刷する

<酒粕ペースト>
板粕 150g
りんごのすりおろし 50g
100ml
ひとつまみ

 

 <ティラミスクリーム>
上記酒粕ペースト 150g
豆腐 300g
甘酒 大さじ2
メープルシロップ 大さじ5
コーンフレークまたは玄米フレーク(お好みで) 15g
粉寒天 6g
レモン汁 小さじ1

 

<ティラミス>
上記ティラミスクリーム 全量
ビスケットまたはスポンジ 10cm×18cm×6cm
容器分
ココアパウダー 適量

 

<シロップ>
インスタントコーヒー 大さじ2
お湯 50ml
メープルシロップ 大さじ1
洋酒 小さじ1

 

作り方

1.酒粕ペーストを作ります。

鍋に小さくちぎった板粕、りんごのすりおろし、水、塩を入れて弱火にかけてふつふつと5分ほど沸騰させ酒粕を溶かします。

粗熱が取れたらフードプロセッサーにかけて、なめらかなペースト状にします。

2.フードプロセッサーにコーンフレークまたは玄米フレークを入れて粉状にします。

3.そこへ豆腐を入れて混ぜ、さらに 1. の酒粕ペーストと甘酒、メープルシロップ、粉寒天、レモン汁を入れて、なめらかなペースト状にします。

4.容器の底にビスケットまたはスポンジを敷き、シロップ(インスタントコーヒー、お湯、メープルシロップ、洋酒)をハケで丁寧に塗りながら染み込ませます。

5.4. の上に 3. のクリームをのせて、表面を平らにならします。

仕上げにココアパウダーをふり、冷蔵庫で冷やしていただきます。

 

ひとことおいしくなるコツ

  • 豆腐は絹でも木綿でも構いませんが、より濃厚なクリームに仕上げるには木綿豆腐を水切りして使うといいですよ!
  • 正式なティラミスはマスカルポーネや生クリームを使い、カロリーが高いのですが、乳製品を使用せずに酒粕と豆腐で作るのでカロリーカットな上に、豆腐の良質なタンパク質やイソフラボンを摂ることができます。
  • りんごのすりおろしを使うことで優しい甘さに仕上がります。

この記事をかいた人

椎名 由起子
“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

椎名 由起子

“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!2016年食生活アドバイザー取得。