健康と環境に”いいもの”だけを提案するセレクトショップ

季節を感じる暮らしの小部屋

2016.12.16

重曹と粉石鹸。大掃除はナチュラルクリーニングに挑戦してみませんか?

近づく年末に気が早る今日この頃。頭を悩ませるのは「大掃除をどうするか?」ということです。根がずぼらな私は今年は一念発起してナチュラルクリーニングで大掃除にチャレンジしてみることにしました。

イメージ 重曹と粉石鹸。大掃除はナチュラルクリーニングに挑戦してみませんか?

ナチュラルクリーニングとは?その特徴

ナチュラルクリーニングとは、合成洗剤や化学物質をできるだけ使わず、昔から使われている安心な素材を使って掃除を行うことです。石鹸や重曹、クエン酸など、手荒れや肌荒れも気にせず使えて、強烈な匂いも発生しません。重曹やクエン酸などは食用として使用できるものもあります。小さいお子さんがいる方や、高齢者が在宅だという方、またペットを飼っている方などにもこれらの体に害のない洗剤を使う掃除なら安心して行えるのではないでしょうか。

また、9月に挑戦したクエン酸でのお風呂掃除の影響もあります。アルカリ性の汚れである水垢を、酸性のクエン酸を使って中和をさせることで市販の洗剤では落としきれなかった水垢が気持ちよく落ちたのを身をもって体験したことからますますナチュラルクリーニングに興味を持ったのです(その記事はコチラ

今回は大掃除の中でも強敵の「レンジフード(換気扇前に取り付けられたステンレス製のカバーのこと)とガスコンロ周り」これをすっきりさせたいと考えました。クエン酸を使った掃除で感じたのは、人体に無害で環境に優しい素材を使った掃除はマスクや手袋で大げさにカバーすることもなく、体にも負担が少ないのでこの先も続けやすい所です。一度掃除方法を覚えてしまえば、二度目からは簡単に出来そうです。今回は重曹と粉石鹸を使って油汚れを落としてみます。

イメージ

重曹とは

重曹は炭酸水素ナトリウムと呼ばれているアルカリ性の物質です。人体には無害で、食用のものはベーキングパウダーとして使われたり、胃薬などの医薬品としても使われてきました。重曹は油汚れなどの酸性のものと混ざると、油を浮き上がらせて研磨し、取り除く性質へと変化します。この性質を生かして油汚れには重曹が使われるのです。

粉石鹸とは

イメージ

合成洗剤とは異なり、粉石鹸はパッケージに「石鹸」と書かれているものを選びましょう。界面活性剤などは使われておらず、天然の物が肌にも優しくオススメです。粉石鹸は脂肪酸ナトリウムが原料で、動・植物油脂を水酸化ナトリウムで煮出して作られています。油脂から作られたこの物質が油汚れも落とす石鹸に変化するのです。

レンジフードとガスコンロ周りには、たくさんの油分が含まれた汚れが付着しています。これらを綺麗にするために、重曹+粉石鹸で油を落とすパックを作ってみましょう。


重曹+粉石鹸でペーストを作りましょう

<重曹3:粉石鹸1:水適量>

イメージ
  • ボウルに適量を入れペースト状になるまで混ぜる。ドロドロでは無く、固めに泡立てた生クリームくらいが目安です。
  • 気になる部分に石鹸ペーストを塗り、ラップで覆って約2時間放置します。
  • 水を含ませたスポンジやたわしで、ペーストと一緒に油汚れを少しずつ落としていきましょう。このペーストを使って焦げたヤカンや鍋などの油汚れも落とせます。

重曹水を作りましょう

<重曹小さじ1に水200m>
重曹水をスプレーした所に石鹸をつけたブラシでこすります。油汚れや手垢、皮脂などがついて黒ずんでしまった場所に有効です。

大掃除の手順

イメージ

重曹と粉石鹸でペーストを作り準備しておく
焦げ付いたヤカンや鍋は重曹を入れて煮沸後、ペーストを塗って放置する
レンジフードとガスコンロにペーストを塗りつける



2時間放置の間に

・残ったペーストをシンクにも塗りつけておく

・排水溝のカゴなども取り外して洗う

・急須や茶碗、マグカップなど茶渋のついたものは重曹水に浸ける

・まな板に重曹スプレーを添付して脱臭

・冷蔵庫を重曹スプレーで拭いて脱臭

・レンジに重曹水を入れて温め汚れをとる

・その他手垢や油ジミのある場所は重曹スプレーをつけて拭く


最後に放置していたレンジフードの汚れを洗い落とす。

イメージ
(before)
イメージ
(after)

シンクには洗い残しのペーストがたくさん残っていると思うので、それを使ってシンク内もしっかり磨きましょう。黒ずんでいたシンクもピカピカになります。また焦げ付いたヤカンや鍋も重曹と粉石鹸のペーストでみるみるうちに輝きを取り戻しました。重曹の持つ研磨効果は素晴らしいですね。


イメージ  イメージ

イメージ  イメージ


その他重曹ができること

・生ゴミの消臭効果
(三角コーナーなどで出る生ゴミに重曹大さじ1ほどをふりかけます)

・排水溝のぬめり取り

・茶渋などの汚れを浮かせて洗いやすくする

・中が焦げ付いてしまった鍋も重曹水を適量入れて煮沸すると、焦げが落ちやすくなる

・まな板や冷蔵庫の脱臭効果
(コップに蓋をせずに重曹を入れ、冷蔵庫に入れておくことで脱臭効果があります)

・レンジ内の汚れ取り
(耐熱ボウルに重曹水を入れ、ラップをしないで3~5分加熱することで汚れが浮かび上がってきます)

まとめ

ここまで出来たらキッチンはピカピカ。ナチュラルクリーニングで手荒れも気にしなくて良いし、気持ちよく新年を迎えられそうです。気になった方は、ぜひ試してみてくださいね。

イメージ 

イメージ

急に気温が上がったり、いきなり冷え込んだり。梅雨時は不安定な天候の続きますね。年間を通して温かいお茶だけを飲むようになってから、夏場も大きく体調を崩すことがなくなりました。最近のマイブームは黒豆茶です。

あわせて読みたい記事

暮らしの小部屋コラム一覧

商品検索

マイページ
はじめての方 おすすめの湯たんぽ

湯たんぽ30日安心保証

温美湯たんぽ お湯の入れ方


  • 季節を感じる暮らしの小部屋
  • 冷え性改善レシピ
  • ドクター真理 よむサプリ
  • 村瀬玲奈 ライフスマイル
  • ヨガのおかげ
  • LINEはじめました

カレンダー

2018年7月


1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

※赤塗りは休業日です