健康と環境に”いいもの”だけを提案するセレクトショップ

おいしい 冷え性改善レシピ

冷え性の原因はカラダのすみずみまで血が行き届かなくなる血行不良によるものです。カラダを温めて血の巡りをよくすることが改善のための最大の近道となります。生活習慣の見直しと共にカラダを外側からと内側からの両面から温めるのが大事です。カラダの中から温める食事や食材を効果的に取ることで体温を上げて"温め美人"を目指しましょう

お米の一粒一粒にうまみと香りがしみ込むあさりとたけのこの炊き込み御飯

旬の食材(あさり、たけのこ)を使ったレシピ

ふっくらとしたあさりとたけのこがベストマッチング!

主な食材の栄養素と期待できる効果

食材 栄養素 期待できる働き
あさり ビタミンB12 乾燥肌、エイジングケア、貧血、むくみ
たけのこ カリウム 食物繊維、便秘、むくみ
人参 βカロチン 乾燥肌、しみ、そばかす、エイジングケア、免疫力アップ
ビタミンE 冷え、乾燥肌、しみ、そばかす、エイジングケア、ホルモンバランス、免疫力アップ
生姜 ジンゲロール 冷え
シネオール 疲労回復

カロリー(一人分あたり):245kcal

材料

作り方

  1. あさりは砂抜きをし、殻を擦り合わせてよく洗います。
  2. 茹で筍は食べやすい大きさに薄切り、人参と生姜は千切り、油揚げは1センチ幅に切ります。
  3. 洗米後、だし汁に15分程度浸水させたら酒・醤油・塩を加えて、生姜・人参・油揚げ・筍・あさりを上にのせて炊飯します。
  4. 炊き上がったら10分蒸らし、全体を混ぜて出来上がり。

レシピ提供者プロフィール

椎名 由起子

椎名 由起子

“食べることは一生もの”との想いから短大で食物栄養を学び、栄養士資格を取得する。
卒業後は、大手食品メーカー、ガス会社を経て、現在は栄養士として働いている。
2007年より毎月レシピを配信し、料理教室や栄養相談も行っている。
日々の食生活を大切にし、旬の食材や日本古来の文化を取り入れ、
家にあるお馴染みの調味料で作る料理やお弁当は栄養豊かで、カラダの調子が整うと定評がある。簡単で美味しいレシピが大好評!
2016年食生活アドバイザー取得。

商品検索

マイページ
はじめての方 おすすめの湯たんぽ

湯たんぽ30日安心保証

温美湯たんぽ お湯の入れ方


  • 入会キャンペーン
  • amazon_pay
  • 季節を感じる暮らしの小部屋
  • 冷え性改善レシピ
  • ドクター真理 よむサプリ
  • 村瀬玲奈 ライフスマイル
  • ヨガのおかげ
  • LINEはじめました

カレンダー

2019年12月


1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

※赤塗りは休業日です